よくある質問

採用について

Q採用予定人数と募集学科を教えて下さい。

2024年4月度入社の予定人数は20名程度となります。
募集学科は全学部全学科が対象です。

Q採用方針について教えて下さい。

以下の要素で、総合的に判断させていただきます。

  • 1グローバルビジネスに向けて、英語力に特化した方も積極採用します。
    (技術については、ゆっくりじっくりサポートします。)
  • 2履歴書(記述内容、整理能力)
  • 3「適性試験」(技術者としての適性)
  • 4「アンケート」(作文能力)
  • 5「面接」(コミュニケーション能力)
  • 6情報通信に興味があり、当社に魅力を感じていただける方。

Q適性試験の内容について教えて下さい。

弊社オリジナルのスキル適性試験を実施します。
内容としましてはデータ判断力や数学的な思考力を測るものとなります。
尚、実施に際し特別な専門知識が必要になるものではございません。

Q募集職種と業務を教えて下さい。

ソフトウェアエンジニア、ネットワークエンジニアを募集しています。 情報通信関連の技術者のみの募集で、営業職の募集はしておりません。当社は情報通信ネットワークの技術専門会社です。IP通信・モバイル通信・企業通信技術のエキスパートとして、ソフトウェア開発を中心としたトータルソリューションを提供しています。

Q先輩の出身校を教えてください。

<大学院>
千葉大学、千葉工業大学、電気通信大学、日本大学、北陸先端科学技術大学院大学、早稲田大学、東京理科大学、東京電機大学、名古屋工業大学、豊橋技術科学大学
<大学>
愛国学園大学、愛知工業大学、会津大学、青森大学、青山学院大学、茨城大学、いわき明星大学、岩手大学、岩手県立大学、宇都宮大学、江戸川大学、大阪学院大学、大阪工業大学、大阪電気通信大学、岡山理科大学、神奈川大学、神奈川工科大学、金沢大学、金沢工業大学、川村学園女子大学、関東学園大学、学習院大学、北見工業大学、九州工業大学、近畿大学、金城学院大学、久留米工業大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、高知大学、國學院大學、国士舘大学、駒澤大学、埼玉大学、埼玉工業大学、産業能率大学、四国職業能力開発大学校(応用課程)、静岡産業大学、芝浦工業大学、島根大学、首都大学東京、湘南工科大学、尚美学園大学、職業能力開発総合大学校、十文字学園女子大学、上武大学、聖徳大学、専修大学、創価大学、拓殖大学、第一工業大学、大東文化大学、千葉大学、千葉工業大学、千葉商科大学、中央大学、中央学院大学、筑波大学、つくば国際大学、帝京大学、帝京科学大学(東京)、帝京平成大学、電気通信大学、東亜大学、東海大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京経済大学、東京工科大学、東京工業大学、東京工芸大学、東京国際大学、東京情報大学、東京造形大学、東京電機大学、東京理科大学、東邦大学、東洋大学、長岡技術科学大学、名古屋工業大学、南山大学、新潟大学、新潟工科大学、二松学舎大学、日本大学、日本工業大学、日本文化大学、八戸工業大学、広島大学、広島市立大学、福岡工業大学、福山大学、文教大学、文京学院大学、法政大学、北海道大学、北海道情報大学、武蔵大学、武蔵野大学、室蘭工業大学、明治大学、明治学院大学、名城大学、明星大学、目白大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、立教大学、立正大学、立命館大学、流通経済大学(茨城)、麗澤大学、和光大学、早稲田大学、和洋女子大学
<短大・高専・専門学校>
明石工業高等専門学校、阿南工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、石川工業高等専門学校、一関工業高等専門学校、茨城工業高等専門学校、宇部工業高等専門学校、大分工業高等専門学校、大阪公立大学工業高等専門学校、小山工業高等専門学校、香川高等専門学校、鹿児島工業高等専門学校、木更津工業高等専門学校、岐阜工業高等専門学校、釧路工業高等専門学校、熊本高等専門学校、久留米工業高等専門学校、高知工業高等専門学校、佐世保工業高等専門学校、サレジオ工業高等専門学校、仙台高等専門学校、津山工業高等専門学校、東京IT会計公務員専門学校千葉校、東京工業高等専門学校、東京都立産業技術高等専門学校、徳山工業高等専門学校、鳥羽商船高等専門学校、豊田工業高等専門学校、長野工業高等専門学校、新居浜工業高等専門学校、沼津工業高等専門学校、函館工業高等専門学校、船橋情報ビジネス専門学校、八戸工業高等専門学校、福島工業高等専門学校、松江工業高等専門学校、都城工業高等専門学校、米子工業高等専門学校

仕事について

Qどんな環境、言語を使用して開発を行っているのですか?

プログラム開発はUNIX/Linux系ワークステーションやパソコン端末で行っています。
開発言語はC/C++言語やGo言語が中心ですが、他にJava言語等も使用しています。
文書作成、表計算、プレゼンテーション、電子メール等の技術は前提です。

Q入社前に勉強するには、どのようなことをすべきでしょうか?

当社は情報通信の会社であり、ソフトの会社でもあります。コンピュータへの興味だけでなく、情報通信への興味も持って下さい。まずは「情報通信関係の本」をお読みになることをお勧めします。又、この業界は急激な変化を遂げています。新聞やホームページといったもので常に、最新情報を獲得して下さい。

Qどんな資格取得をしていると、仕事に役立ちますか?

当社の資格取得に対する考え方は二種類あります。
①専門実戦型
・実際の作業の中で扱う技術や知識に関わる資格
②応用能力型
・将来のビジネスとなり得る可能性を秘めた技術や知識に関わる資格

①は実際の作業で必要となる資格ですので作業によって異なります。
(例)CiscoのCCNA/LPI-JAPANのLinuCなど
必要となった場合、会社が取得をバックアップします。

②は皆さんの向上心を尊重し、自己啓発の精神で取得していただきます。
資格取得時は会社から報奨金(\30,000)が支給されます。
ただし、原付免許、普通自動車免許を除くあらゆる国家資格が対象となります。

Qこの業界において、文系出身者は不利になりますか?

学校で情報処理の勉強をされている方といない方では、確かに入社後しばらくは不利な状況があると思いますが、この期間において文系と理系とのギャップが仕事の出来に大きく影響することは無いと考えています。
1人前の技術者になるには最短でも3年はかかりますので、むしろこの期間で本人がどれくらい努力を積み重ねたかが結果となります。

会社について

Qエス・イー・シー・ハイテックの特徴について教えて下さい。

1. エス・イー・シー・ハイテックは将来性のある会社です。

  • ビックデータ、クラウドやAIの普及が進むと情報通信市場は益々成長します。
  • 業務領域に、発展性、社会性があります。
  • 会社方針がしっかりしています。
  • ISOマネジメントシステムがしっかりしています。(品質/環境/情報セキュリティ)
  • コムシスホールディングスグループに属しており、しっかりした経営内容です。
  • コンプライアンスに真面目に取り組んでいます。

2. エス・イー・シー・ハイテックは魅力ある業務内容です。

  • 業界の最先端技術にふれる技術集団です。
  • ソフト設計、ファーム設計、システムエンジニアリングまで、幅広い業務領域をカバーしている発展性のある業務です。
  • ソフトウェアエンジニアとして、身近なサービス、社会に役立つサービスに参加出来る誇りの持てる職場です。ネットワークエンジニアとして、実際の端末、サーバ等の機器を操作し、システムとして体感できる感動を得られる職場です。